MENU

あの着エロアイドルがAV解禁 黒髪美少女 はるのりか

    作品詳細

    タイトル
    あの着エロアイドルがAV解禁 黒髪美少女 はるのりか
    再生時間
    167分
    ジャンル
    アイドル・芸能人, 顔射, 単体作品, デビュー作品, 独占配信, ハイビジョン, パイパン, 美少女
    女優
    はるのりか

    常に全力で頑張る身長173cmで黒髪が素敵な着エロアイドルが遂にAV解禁です。手足の長い体は色白で乳首やマ○コも色素が薄く綺麗なピンク色。そんなピンクが真っ赤になるまで激しくセックスをしています!今まで見えなかった全てが露わになり、恥じらいも感度もマックスになったデビュー作をご覧ください。

    作品レビュー


    • かわいい

      パッケージやインタビューを受けているときより、セックスをしているときの顔の方が断然可愛い。騎乗位は慣れてない感じだが、一生懸命腰を動かしていて健気で良い。喘ぎ声も自然な感じで良かった。


    • キレイなパイパン

      デビュー作でしっかりと潮吹きして立派?です。パイパンのアップ画が多く、つるんと綺麗なのでパイパン好きなら満足できるのでは。最後の3Pでは、気分がのらずに戸惑っているように見えましたが、逆に良かったです。


    • 可愛いですね。

      ほんとにタレントでいいぐらい可愛いですね。フェラは最高、あんなシチュエーション誰が考えたんでしょうか。珍しくフェラ抜きで逝ってしまいました。セックスはバックから深い挿入が痛そうに見えました。3Pも同じでしたから突き上げるのは辛そうでした。開発途上なのか激しいのがダメなのかちょっと心配になりました


    • せっかくの素材が壊されてしまうような。

      長身中肉色白でそれなりに可愛い。着エロ時代にその可愛さの上に過激なエロとのギャップがあって自分も好きな女優さんの一人です。今回故あってかAVに進出するとなって、心配もあったのですが、それも的中してデビュー作のビデオとしては最低ランクと判断しました。1人目の絡みで、ただ乱暴で激しいだけの行為に途中で泣いてしまってそのまま続けるも戦意喪失の表情でフィニッシュされてしまい全く誰得な状態で、もちろん抜ける訳もなく一応最後まで見ましたが、次の3Pも暗く表情薄で終わってしまい、このメーカーはこのような素材で何をしたかったのかまったく分かりません。時期作がまだリリースされないので色々心配ですが、乱暴な作りに★ですが、女優さんを加味して★★です。着エロ作品を見ていただいた方が表情もよくエロいのでそちらをお勧めします。


    • 「AV解禁→即引退」の幻の美少女アイドル

      着エロアイドル出身の正統派美少女「はるのりか」のAVデビューおよび(事実上の)引退作。石川県出身の18歳。本人いわく、「スリーサイズは分からない」。ちなみにアイドル時代の公称サイズは「84・58・88」である。2014年4月に「荒井琴音(あらいことね)」名義でアイドルデビュー。6月にヌード解禁。8月にAV転向。わずか「2ヶ月」という短いサイクルで「着エロ→全裸→チ〇ポ挿入」とスピード決断のりか嬢。初体験は「〇6歳(高〇1年生)」。経験人数は「ナイショ」。AV出演の動機は「(年齢的に)今しか出来ないと思った」。類稀なるルックス(奇跡のアイドルフェイス)と172cmのモデル体型とのギャップ。推定B~Cカップの控えめなおっぱい。でか過ぎる身体を持て余すようなヒザ立ちのフ〇ラチオ。待望の初本番は、ベッド上でオーソドックスな全裸FUCK。正常位で勃起チ〇ポをずぶりと挿入すると、騎乗位・バックを経て、フィニッシュはドクドクとパイ射。「気持ち良かったです」とシンプルな感想を述べる彼女。各種オモチャを使ったマ〇コ責めを挟んで、メインはローションをたっぷりと垂らしたぬるぬるビキニ3P。どちらを咥えていいのか困惑気味のWフ〇ラチオ。毛一本生えてない「パ〇パン」とあってか、モザイク越しでも分かる「ガチハメ」のえげつなさ。特に抜き差しがはっきりと確認出来る「背面側位」は秀逸といえる。フィニッシュは連続顔射。エンディングでは、顔面精子まみれで男優陣とギュッと握手。イメージビデオ2本、AV1本のわずか「3本」で姿を消した幻のAVアイドル。「18歳」「現役アイドル」「超美少女」「AV出演は1本のみ」「即引退」とプレミア要素が多く、作品の内容以上に「希少価値」のある一本といえる。


    • AV監督のセンスの無さ

      素材は最高なのに、デビュー作という1度きりのシチュエーションを全く活かさずに並みのAVに仕立て上げるセンスの無さに脱帽。既に着エロで作られたエロさは見ているんだから、視聴者が求めてるのは素人臭さと初々しさ、生々しさだろ。流出っぽくすりゃ飛びつく層も絶対いるのにバカじゃないのか?昭和センスから何も変化しない脳味噌は捨てた方がいいんじゃないのか?素材がいいだけに腹が立つ作品。


    • 制服がよく似合う普通っぽい子

      初めてこの子を見たが本当に普通っぽい子。でもこの普通っぽさが可愛くも感じいいと思う。制服で脱衣インタビュー→私服っぽい衣装でフェラ→白レオタードでH→ソファーでバイブ、ロータープレイ→暗い部屋でピンクの紐水着で3Pって流れだけど、最後の3Pのシーンはこの子にあってない気がする。この子の雰囲気からすると制服で普通の下着で明るい部屋で普通にHなり3Pした方が似合っている。勿論何作目かだったらこういうのもアリだけど、デビュー作なら変にシチュエーションを作らない方が良かった。これからに期待したい。


    • イメージビデオとの比較

      イメージビデオ出身の子ですが、そろそろAVか?と噂されてた矢先でのこの作品。他のレビューの通り若干微妙かもしれません。最近のイメージビデオの画質クオリティが非常に高くなっているためか、せっかくのAVデビューでも画質が落ちて感じるため、あれ?いまいちってな事になるのが原因かなと。イメージビデオ業界のほうがカラミがないぶん、画質や様々な演出で努力しているのだと思いますね。AVよりイメージビデオのほうが良いカメラやレンズを使用しているのでしょうかね?その辺も気になります。イメージビデオで頑張れるだけ頑張った方がこの子には向いてたんじゃないのかなあ。。。


    • 賢そうな女の子

      はるのりかさん、はじめて見ましたが、非常に可愛い方です。荒井琴音という名でイメージをいくつかリリースしていたようですが、AVでは逸材レベルですね。顔立ちはあっさりした感じなのですが、目鼻がすっきりしていて賢そう。肌の美しさも抜群で、胸が小ぶりなのも品の良さを感じます。さらに乳首も性器も色がほんのりピンク色で、若さに溢れてます。欠点としては、ちょっと背が高すぎるので、制作側は大きい男優を当てて彼女を小柄に見せる努力をするのが正しいかと思います。今後に期待。


    • うーん...微妙

      イメージビデオ時代の名前は「荒井琴音」。そのときから過激すぎる内容だったので、AVも秒読みだろうと思ってました。すごく美人でもなく、めっちゃ可愛くもない。愛嬌ある顔だが、輪郭がホームベース(エラはってる)で、あご上の吹き出物と、歯並びが気になる普通の女の子。話題だけで消えていきそうな感が満載。内容も特筆すべき点無しの普通のデビュー作な感じ。IV時代からのファンなら買いかもしれないが、そうじゃないならスルー安定の作品です。

    • 作品画像

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次